教育制度

当社が総合実現型のコンサルティング企業として、創業からこれまでずっと大切に守り続け、育んできた考え方は、 『お役立ちの精神』と『想いの本質を正しく聴きとめる』姿勢で仕事に取り組むことです。
そのための教育として、一人一人が独自に専門分野での研鑽を深めてゆく過程、 その分野でのエキスパートとしての資質を身につけてゆく過程が重要であると考えています。
キャリアステージごとに必要能力要件を設け上位者(トレーナ)のもとにそれをクリアすることで、 コンサルタントとして必要な経済や経営の幅広い知識を身につけると同時に、 深い指導経験を通じて豊かな人間性を身につけてゆくことを教育プランの主眼としています。

 

 

上記のキャリアプランを目指した教育を、上位者(トレーナ)から、部下(トレーニ)へ実際のコンサルティング現場で行っております。