セミナー

戦略の泉

お役立ちの経営情報

2.GIVE & BE GIVEN 型 戦 略

大切にしたい人を慈しみ愛する時、人は見返りを求めない形で、その人に接します。
その結果として、妻が子を宿し、その子が孫にあなたの命を伝えていきます。

本当に大きな宝物を手に入れたいと願う時に、人が自然にとる行動は、目先での意図した見返りを求めないものです。
そして、その結果、本当に大きな宝物が返ってくるのです。
この形を、〝GIVE & BE GIVEN型戦略〟と呼びます。
つまり、『与えよう、そうすれば、与えられる』という考え方がベースにあるのです。

多角化がうまくいかない。新事業が上がらない。人が育たない。
代理店が一生懸命やってくれない。固定客が増えない。売上高が伸びない等々。
そんな悩みをお持ちの企業では、ほとんどの場合、〝GIVE & TAKE型戦略〟がとられています。
〝GIVE & TAKE型戦略〟は、古来より同格の者同士が、互いに物々交換を行う場合に用いられる戦略で、ドライな切れ味がその神髄です。
後日になって、『あれは損だった。無かったことにしてくれ。』が起きれば困るからなのです。
これに比べて、〝GIVE & BE GIVEN型戦略〟では、『愛』という概念が、その中心にあり、少しウェットで、浪花節的で、人の心の奥深くに届くという特徴があります。
無償でお役立ちを繰り返す相手に、何かを返したい。
そんな心の動きが、この〝GIVE & BE GIVEN型戦略〟を支えるのです。
GIVEで始まり、BE GIVEN で収まる戦略は、最強の戦略のひとつといえます。
一度、〝GIVE & BE GIVEN型戦略〟を、考えてみてはいかがですか?