セミナー

戦略の泉

お役立ちの経営情報

3.クイックメリット戦略

『時間の隠れ蓑』を知っていますか?
子供の頃、計算ドリルをされたご経験があると思います。
あの計算ドリルで九九の問題を解く時に、『3×6=』という問題に対して、九九をマスターしている子供は、即座に『18』と記入するのですが、九九がマスターできない子供は、『3×5=15、15+3=8』とか、『3+3=6、6+3=9、9+3=12、12+3=15、15+3=18』とかの方法で、答えを導き出します。
計算ドリルの時間を1分間なら1分間に、3分間なら3分間に決めて、短時間で、負荷をかけた状態でやらせてみなければ、子供の実力は、付きにくいものなのです。

実務の世界でも、成績の良い子供のような会社と、成績の悪い子供のような会社とがあります。
同じような業務をしているのに、A社では1週間で出来ているのに、B社では2ヵ月かかってしまっているというのは、ザラにある事なのです。
どちらも計算ドリルの答えは合っているのですが、かかる時間が大幅に違うのです。

このような『時間の隠れ蓑問題』を解決する為には、業務毎のリードタイムを先ず標準化し、その後これを順次短縮して行ってみる事です。
ほとんどの企業では50%程度の短縮が、業績不振の多くの企業では90%程度の短縮が可能となっています。

又、このクイックメリット戦略をとると、直接・間接工数や各種在庫量の削減、品質不良工程の顕在化、設備故障の顕在化等々、驚く程のメリットが出て来る事も期待出来るのです。是非、お試し下さい。