セミナー

戦略の泉

お役立ちの経営情報

4.ゼロタイムラグ化戦略

ゼロタイムラグ化は、ビジネスの基本であり、問題解決の定石です。
タイムラグの大きな場合、商機を失なう事が多い事は、誰でも知っている事実です。
見積書が遅ければ、他社に商談を奪われます。
不良対策のプレゼンが遅ければ、最悪の場合取引停止になってしまいます。
又、タイムラグが大きければ、コストが上昇する事が多い事も、誰でも知っている事実です。
受注情報の伝達が遅れれば、不要不急在庫を発生させてしまったり、特急手配によるコスト増を招いたり、赤帽便やタクシーでの輸送が発生したりする事を、皆んな知っている筈です。
更に、工程間や外注間でのタイムラグの発生は、仕掛品の停滞による仕掛在庫の増大と、リードタイムの長期化を生んでしまいます。

以上の、タイムラグの問題は、一般に認識されているものなのですが、それ以外に、タイムラグは重大な問題を発生させるのです。
それが、『問題解決のタイムラグ』と呼ばれるものなのです。

問題が発生した瞬間に、間髪入れずに原因把握をし、解決計画をいつ誰れ付きで作成し、出来るだけ早い時期に根源対策を実施する事が、同じ問題をくり返して発生させない優良企業の行動様式です。
これに対して、同じ問題をくり返して発生させてしまっている不良企業では、問題が発生する → 問題を記録する → 後日には問題原因を分析する →いつか誰れかが問題対策を実施する・・・・・・ といったスタイルを採っています。

問題が発生した瞬間に、その問題原因と、いつ誰れ付きの解決計画を立てるクセを付けましょう。
これが優良企業となる為の王道の一つです。