セミナー

戦略の泉

お役立ちの経営情報

11.質先・量後戦略

『質先・量後』は、物事の基本中の基本です。
質的な完成があって、はじめて量的な確立や拡大が出来るのです。
皆さん判っておられるのに、ちっとも出来ていないのが、この部分です。

最近も、いくら新製品を出してもヒットしないメーカーで、ヒット商品を出す方法についての講座をする機会がありお伺いしました。
『今までに、不完全な商品を売った事がありますか?』と尋ねましたところ、全員が、『YES!』と言いました。
これではブランドイメージや企業イメージが傷つけられ、二度と買って下さらないお客様が増えて当然です。
しかし、この会社では概ね3ヶ月に一度づつ、売れてない新商品を出し続けていたのです。

『ラインを止めろ!』
生産性が最悪で、かつ、不良を多発させている組立ラインの先頭に立って、私は思わず叫びました。
質的な面が完成していない状態で、生産活動を行う事は、血を大量に流しながらマラソンするのと同じ事になります。
ラインを止めて、整備して、ラインを稼動させよ。
又、問題があったら、ラインを止めて、整備して、ラインを稼動させる。
これを1ヶ月くり返した結果、生産性で4倍、不良で1/200も結果が得られました。

質先・量後は物事の基本中の基本です。