セミナー

戦略の泉

お役立ちの経営情報

14.戦略の五態『攻・守・創・退・養』

企業戦略には、『攻・守・創・退・養』の五態があります。
優秀な経営者を戦略面から見ておりますと、この五態を大変上手に使いわけておられることに気がつきます。

今、自社の当該事業分野は、この五つのうち、いずれの戦略形態をとるべきなのかを考え、実施することが、経営者の最大の仕事の一つであるといっても、過言ではありません。

以下に、戦略の五態を概説します。


『攻』  現在、攻撃すべき時にあると考え、積極果敢な攻撃的戦略を展開します。
攻撃するためには、継続的で、ある程度まとまった経営資源の投入が必要となることに注意しなければなりません。

『守』  現在、守備すべき時にあると考え、蟻も漏らさぬ防衛型戦略を展開します。
守備する場合は、攻撃と比べて、経営資源の投入は、かなり少なくてすみますが、これを長期間に亘り行うと、士気の低下を招くことが多いので、注意しなければなりません。

『創』  現在、成功するやり方を創造すべき時にあると考え、キリの先ほどに絞り込んだ領域で、成功事例作りに邁進する創造型戦略を展開します。
『創』の戦略は、すべての戦略の源です。
仕組みができていない攻、守は、自殺行為だからです。

『退』  現在、撤退すべき時であると考え、最も少ない損失で、士気を維持しつつ果敢に撤退戦略を展開します。
『退』の戦略は、古来より負け戦の殿軍が死を意味したように、大変危険で難しい戦略であるといえますが、半面、優秀な経営者が、必ずといってよほど一度は行う戦略でもあります。

『養』  現在、養生すべき時であると考え、前線での小競り合いは有るにしろ、『攻・守・創・退』いずれの戦略もとらず、ひたすら力を蓄えることに注力する戦略を展開します。
『養』の戦略を採用するためには、
1、大規模な攻撃をされないこと
2、養の期間に、必ず力が蓄えられること
の二条件が成立していなければなりません。
この二つの条件が成立していない状況で、養の戦略をとれば、経営者は無能の誹りを甘受しなければなりません。


今、戦略の五態、『攻・守・創・退・養』のいずれをとるべきか、一度考えてみられてはいかがですか?